顧客生涯価値(LTV)

 
 
 

 

ビジネスデータ統合プラットフォーム

Analytica

 

 

LTVとは?

LTVとは、顧客が契約期間を通じてもたらしてくれる利益のことです。Lifetime Valueの略で、日本語では顧客生涯価値といいますが、あまり日本語で言われることはありません。

LTVはSaaSビジネスを開始して間もないころは、適切に計算をすることは難しいです。下の計算方法にもある通り、契約期間がサービスの開始時からしか計測ができないからです。

LTVを上げることは極めて重要な事であり、SaaSビジネス提供者は継続的に取り組むべきと言われています。

その方法は以下があります。

  1. 契約後は、顧客はプロダクトそのものとサポートにより、主にその企業を判断します。よってそのどちらかの質を高め、顧客満足度の向上を促すことで、LTVは上昇します。
  2. より顧客のビジネスにフィットする機能を有料でリリースし、ARPU(ユーザー平均単価)を上昇させます。これによりLTVは上昇します。
  3. 顧客をグループ分けし、優良顧客に積極投資を行います。ここでの優良顧客とは、サポートをほとんど必要としない顧客のことです。これらの特徴を持つ顧客のカテゴリを見つけ出し、そのカテゴリにリーチする様マーケティングコストと営業コストを割り当てることで、LTVの上昇の可能性が高まります。

計算方法

LTVは、以下の方法で算出します。月次更新ベースのであれば上記の式ですが、年次更新でも同様です。

LTV = 月額課金額 × 契約期間(月) × 売上総利益率

計算例

例えば、あるSaaSプロダクトで、月次課金額が3000円、契約期間が28ヶ月、売上総利益率が75%だとすると、

LTV = 3000 × 28 × 0.75 = 63000(円)

となります。


その他SaaS KPI

MRR

月次収益内訳

チャーンレート

Mom growth rate

月次成長率

CAC

顧客獲得コスト

バーンレート

ARPU

ユーザー
平均単価