取引あたり販売数量

 
 
chart (11).png
 
 
 

取引あたり販売数量とは?

取引あたり販売数量とは、一定期間において1回の取引につき購入した商品の平均数量を指します。本指標により、顧客の購入動向を知る事が可能です。業界や商品により、平均的な値はことなるため、他の事業者との比較を行った上で、評価することが重要となります。


計算方法

取引あたり販売数量は、下記の様にして計算されます。

取引あたり販売数量 = 販売個数 / 取引数

サプライチェーンKPI例一覧へ