チャートをカテゴリごとにまとめられるようになりました。

株式会社ヴィクセス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:林高行、以下ヴィクセス)が提供するKPI達成のための内部分析ツール「Analytica(アナリティカ)」でこのたび新たに、複数ダッシュボードが利用可能になりました。これまでもダッシュボードにてチーム内での迅速なコラボレーションは可能でしたが、今回の新機能により、「速報」「在庫」「売上」「営業」「ユーザー利用状況」など、ビジネスの内容ごとに複数のダッシュボードを作成することができるようになりました。関連するチャートをまとめた形でダッシュボードを構築することにより、組織でのKPI管理効率が飛躍的に向上致しました。

 

「Analytica」は誰でも簡単に使えるKPI達成のための内部分析ツールとしてITサービス事業会社様、EC事業者様を中心に導入されております。KPIでの事業管理は、表計算ソフトを用いた作業の場合、都度、可視化に多大な時間がかかる一方、内製の分析基盤の場合、自社サービスと並行しての開発が必要となるため、急成長する企業にとっての大きな負荷となっていました。Analyticaを利用することで、次々と変化するKPIにも低コストかつ瞬時に対応することができ、企業の急成長を支援致します。
 

サービスURL: https://try.analytica.jp
会社URL: https://vixcess.com
ビジネス・インテリジェンスマガジン: https://blog.analytica.jp

所在地: 川崎市中原区木月1−32−3−2F
代表者名: 代表取締役 林高行
資本金: 12,452,000円
事業内容:KPI達成のための内部分析ツール、セルフサービスBIの開発、販売、コンサルティング

本件プレスリリースはこちらです。

[本リリースに関する問い合せ]
株式会社ヴィクセス 担当: 林
E-mail: info@vixcess.com Tel: 03-6416-4516