KGIの設定方法


 

ビジネスデータ統合プラットフォーム

Analytica

 

 

KGIとは?

KGI(Key Goal Indicator)とは、重要目標達成指標とも呼ばれます。事業運営上において、最終的に達成すべき目標のことです。これは、具体的には、以下の様なものです。

webサイト :   x期間内に、問い合わせ数を30個獲得

SaaS :  x期間内に、MRRをxx万円に

製造業のサプライチェーン : x期間内に、売上高在庫比率を10%に

 

これらKGIの設定には、次の2つの条件を満たしている必要があります。それは

1.期限が設定されていること

2.数値目標となっていること

です。

期限については、例えば「問い合わせ数が30件」とあった場合、それが1ヶ月で達成すべきものなのか、3ヶ月で達成すべき目標なのかによって、割り当てるべき費用と時間が変わってくるでしょう。つまり、これより下流の行動指針に影響します。2点目については、数値目標となっていれば、こちらも下流への行動指針により行動しやすい形で落とし込むことができることと、また振り返り時に、より達成具合を具体的に判断できるようになるのが理由です。

例えば新規事業の場合、「サービスの認知度を上げる」だとすると、数値目標にはなっていないために、具体的な施策内容に落としづらいかと思います。また、施策の結果どの程度上がったのか、達成度合いもわかりにくいかと思います。こういった場合には、「サービスサイトを1000UU達成する」と言った形で、数値目標に変換することが必要となります。

期限については、KGIの設定の前段階として、事業計画が既に立てられていることが多いかと思います。その事業計画は、最小粒度が月ベースであることが多いかと思います。よってKGIは月ベースを期限とすることが実質上多いのではないかと思います。KGIについては、月ベース程度がビジネス上振り返りの頻度としては最も適当です。

KGIは、各階層で存在します。事業計画から経営層レベルのKGIを出し、その後に各部署レベルでのKGIを定義します。

データドリブン経営ガイドへ