売上高成長率

 
sales_growth.png
 

 

ビジネスデータ統合プラットフォーム

Analytica

 

 

売上高成長率とは?

売上高成長率とは、売上額の増減のことをいいます。

どの事業会社にとっても、売上は共通かつ最重要の指標の一つであるため、全ての事業会社がモニタリングする指標となります。また、経営層や営業部のマネージャーにとっては、自社の営業チームの活動を評価するための指標ともなりえます。会社全体ではもちろんですが、営業部内の各チームごとに売上高成長率を算出することで、より自社の強み弱みを明らかにすることが出来ます。

各チームごとに売上高成長率を算出すると共に、定期的な振り返りとチーム間でのケーススタディの共有も重要となりまります。成功事例、失敗事例を即座に共有する体制を組むことにより、より迅速に強い営業組織を組むことが可能になります。

※本ページ上部に表示しております売上高成長率では、売上高も同時に表示しております。2軸チャートにすることで、売上高成長率がマイナスになった場合にすぐにその内訳が分かるようになっています。Analyticaでデータベースから直接成長率を計算し、2軸チャートで表示させることが可能です。


計算方法

売上高成長率は、例えば月次ベースの場合、以下の方法で算出します。

売上高成長率[%] = (今月の売上 - 先月の売上) / 先月の売上 × 100


その他セールスKPI

トライアル

アカウント

獲得数

リード獲得単価

アポ獲得率

セールス

サイクル

機会損失